スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CHICAさん、あなたのせいです(怒)



今朝のCHICAさん。


DSC04316.jpg


お気に入りのおもちゃと


DSC04317.jpg


アグレッシブに


DSC04319.jpg


お戯れ中~(笑)



ところで数日前の事


DSC04313.jpg


ねぇねぇ、カーペットの色変わってますよ。コラージョン、又やっちゃったですか??


DSC04314.jpg


えっ!?僕ですか??覚えありませんけど・・・


いえいえCHIAさん、何をすっとぼけていらっしゃるの?

あなた、朝ご飯を食べた直後におもちゃ振り回して狂った様に走り回った挙句
食べたもの殆ど全てカーペットの上にぶちまけちゃったじゃないの!!

その上数十秒前までは自分の胃の中にあったものを又胃に収めようと飼い主が
片付けるの邪魔して被害拡大させたでしょう(怒)

幸いその後は戻す事もなく体調が悪い様子もなくで元気にしていたCHICAさん。







胃拡張・胃捻転症候群になると、吐こうとしているのに何も吐けず、
よだれを大量にたらすようになります。

また、元気がなくなってくるとともにお腹がふくれてきて、呼吸が
苦しそうになり、沈うつ状態となってきます。

胃のねじれや拡張が進行すると、脾臓もねじれたり、大静脈や門脈が
圧迫されて胃や心臓に血液が行き渡らず、胃の壊死や心筋虚血を起こし、
ショック状態に陥ります。

このため治療が遅れると、死に至ることが多くあります。

犬種では、コリー、ボルゾイ、シェパードなど胸の深い大型犬で多く
見られますが、ダックスフンド、ペキニーズ、コッカー・スパニエルなど、
小型犬や中型犬でも見られる事があります。


原因】 食事や水の大量摂取、食後すぐの運動などが要因か

胃拡張・胃捻転症候群を発症する明らかな原因は不明ですが、
食事や水の大量摂取(早食いや一気飲み)、食後すぐの運動
などが要因と考えられています。




ポチたまのだいすけ君が亡くなったのもこの病気が原因でしたよね・・・。


CHICAさん、こんな怖い事も起こるんですよ。
だから食後は大人しくして下さいね!!










スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うわ~ホントに
こんな怖い事も起きるんですね。
CHICAさんお母さんの言う事聞いて
大人しくしてください。
ってか我家も食後スグから走り回り興奮しまくり
年中です~(笑)

No title

かぴさん

いつもありがとうございま~す!!

そうなんですよ、こんな事になったら
怖いですよね。

大型犬に多いのは知っていましたが
小型犬だからといって油断は禁物なん
ですね。

なかなか言う事聞いてくれませんが食後の
まったりタイム習慣づけたいです。
プロフィール

aki.t.& Pママ

Author:aki.t.& Pママ
15歳で腎臓病になっちゃった
コラージョンとハイパー娘
CHICAの日々&ピグモの
想い出を綴っています

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。